F邸新築工事

さいたま市郊外の若い夫婦と生まれてくる子供のための新築住宅です。

本計画では、1 .施主が多くの収納スペースを必要としていたこと、2. 敷地には庭をとる余裕はないが、前面道路が私道であったこと、3. 敷地周辺は閑静な住宅街と田畑などの風景が混在する街並みが広がっていることから、現代版の農家の住宅を提案することとしました。

古くから農家の住宅は一見おおきな茅葺屋根で覆われており、外に対して閉じられている印象ですが、室内に入ると視線が抜け、とても開放的です。また隣接する「蔵」、居間と土間とに分けられる「家」、そして縁側を挟み、住宅前面で様々な農作業を行うための「空地」で構成され、それぞれが襖や段差で緩やかにつながっています。

本計画ではそれらの構成を「蔵」を収納、「家」をリビング・ダイニング、「空地」を前面道路(私道)と置き換え、仕上げや段差を工夫することで、農家の住宅がもつ「閉じながらも広がりのある空間」をつくりだすことを目指しています。

工夫の一つとして、「蔵」と「家」を隔てる壁を半透明のポリカーボネート板としました。蔵側の空間が透けて感じられることで、コンパクトな住宅でも空間を広く感じることができます。また1階のダイニングからリビングに段差があること、さらにダイニングから前面道路(私道)側へと段々と空間をつなぐことで、室内の空間が外にまで広がっていくように感じられます。

1・2階をつなぐ階段はあえて「蔵」側に挿入しています。これにより「蔵」は「家」のモノを一方的に収納するためだけの空間ではなく、日常の上下移動の中でのモノを見せる場所となります。とあるモノを見たことをきっかけに、日常にささやかな変化と豊かさを生み出すことを期待しています。

設計:藤本 綾/信田 匡康
構造:木造
用途:住宅
竣工:2019年8月
敷地面積:125.18㎡
建築面積:48.59㎡
延床面積:93.12㎡
設計期間:2018年4月〜10月
施工期間:2018年12月〜2019年8月
主要外部仕上:屋根)ガルバリウム鋼板縦ハゼ葺き、外壁)ガルバリウム鋼板小波・中波

It is a new housing for a young couple and children born in the suburbs of Saitama City.

By the reasons of 1. The owner needed a lot of storage space, 2. The site could not afford a garden, but the front road was a private road, 3. The area around the site was a mixed landscape with quiet residential area and fields and city scape, We proposed a modern version of a farmhouse in this case.

Since ancient times, farmhouses have been covered with a large thatched roof, giving the impression that they are closed to the outside, but when you enter the room, you can see through and it is very open. In addition, it is composed of an "Kura", a "house" divided into a living room and a dirt floor, and a "vacant lot" for performing various agricultural work and they are loosely connected by sliding doors and steps.

In this plan, we replaced the composition of “Kura” to a storage, "house" to a living and dining and "vacant lot" to a private road, due to create the "closed but expansive space" of a farmhouse.

As one of the ideas, the wall that separates the "Kura" and the "House" is made of a translucent polycarbonate plate. By seeing through the space on the "Kura" side, you can feel the space wide even in a compact house. In addition, there are steps from the dining room to the living room, and the dining room to the front road (private road), which expands a gradual connection from the indoor space to the outside.

The stairs connecting the 1st and 2nd floors are inserted on the "Kura" side. As a result, not only is the space where the "Kura" unilaterally stores the things in the "house", but the things in the "Kura" that you see in your daily up-and-down movements can trigger unexpected actions. We expect it to function as a work-in-progress.