S邸改修工事

東京都内のマンション一室の住宅改修です。

施主夫婦自身の結婚式と同時期に自宅改修となった背景から、同時に訪れた「結婚式」と「家」の改修を結びつけ、より特別な思い入れのある住宅となるよう提案しました。

歴史的に「結婚式」と「家」の結びつきを見ると、地域によっては花嫁の親族が家財を用意する風習があります。そこで本計画では結婚式当日に家具作りワークショップを開催することにしました。結婚式の準備と並行して改修工事を行い、そのワークショップにて制作した家具を設置することで、すべての改修工事と結婚式が同時に完成(ハッピーエンド)する計画です。多くの来賓の手によって家財が用意されることで、夫婦と家、親族、友人を始めとする来賓との結びつきを一層特別なものにすることを期待しています。

ワークショップでは、住居の仕切りとなる棚を1段ずつの箱として作成してもらい、その箱は二次会ではベンチとして利用し、結婚式後には自宅に運び、積み上げることで棚の間仕切り壁となります。

また、「家」の改修の材料となる羊毛製の断熱材や透明の波板を「結婚式」の装飾として使用しました。一般的な発泡剤の断熱材ではなく、羊毛製の断熱材を採用しているため、装飾としての見栄えも良く、また改修時にも荒々しいコンクリート現しの「家」の中に温かみを与えています。

施主は書籍を多く所有していることから、ワンルームを1.8m高さの棚で仕切る計画としました。中央の大きな空白のスペースは、書斎、ダイニング、リビングなど時間帯に応じて自由に使える空間とし、空白のスペースの両側に配置された家具に備えられた引き出しが空間の用途を変えるきっかけとなります。

極小空間ながら、生活時間によって様々な用途に染まる空間を提案しました。

設計:藤本 綾/信田 匡康
構造:鉄筋コンクリート造(改修)
用途:事務所兼用住宅
竣工:2015年9月
延床面積:40.98㎡
設計期間:2015年5月〜8月
施工期間:2015年8月〜9月
主要内装仕上:クリア波板

It is a house renovation of one apartment in Tokyo.

Against the background of the decision to renovate the house for their own marriage, by linking the "wedding" and the renovation of the "house" visited at the same time, we proposed a house with a more special feeling.

Historically, looking at the connection between "house" and "wedding", it is customary for the bride's relatives to prepare household goods in some areas. Therefore, in this plan, the renovation work will be carried out in parallel with the preparation for the wedding ceremony, and all the renovation work will be completed by finally delivering the furniture produced at the furniture making workshop on the day of the wedding ceremony. we hope that many guests will prepare their household goods to make the connection between the couple and guests, homes, relatives and friends even more special.

At the workshop, we asked them to create boxes which would consist a shelf-partition of the house. The created boxes will be used as benches at the second party, and when they are brought into the house after the wedding ceremony and are stacked as shelves.

In addition, we used wool insulation and transparent corrugated sheets, which are the materials for the renovation of the "house," as decorations for the "wedding". Wool insulation is used instead of general foam insulation, so it looks good as a decoration and gives warmth to the rough concrete-revealed "house" of renovation.

Since the owner owns many books and needed a storage space for them, we planned to partition the room with shelves 1.8 m high. The large blank space in the center is a space that can be used freely according to the time of day, such as study, dining, and living room, and the elements drawn from the furniture placed on both sides of the blank space will change the use of the space.

Although it is a very small space, we have proposed a space that can be dyed for various purposes depending on the living time.